読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はかどり市場

管理人が買って良かったもの、はかどったものを紹介するブログです。

ノイズの無いこの解放感! ワイヤレスイヤホンの快適さを是非知ってもらいたい!


Hatena

Feedly

f:id:kotonoha1992:20170220120358j:plain

とうとうiPhone7からイヤホンジャックが廃止された...

iPhone7からイヤホンジャックが廃止され、音楽を聴くにはLightning接続できるイヤホンかワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)を使うことが必要になりました。

発表当時はネットでも多くの批判が寄せられましたよね。

私はその時すでにワイヤレスイヤホンに移行していたので特になんとも思わなかったのですが、もしもその当時まだ従来の有線ケーブル型のイヤホンを使っていたら、もう金輪際iPhoneからは手を切る!、と決意したかもしれないです(初めて買ったスマホiPhone4Sでそれ以来ずっとiPhoneシリーズを使っているのに...)

しかし、今後Appleに続いて、他のメーカーも続々とワイヤレスイヤホンに移行してくると思うので、Androidの他のメーカーに逃げても遅かれ早かれワイヤレスに移行しなくてはならなくなってくると思います。

 

japanese.yonhapnews.co.kr

有線ケーブルいらずで音楽が聴けたり、通話が可能なワイヤレス(Bluetooth)イヤホン。

ここ数年で普及してきた新しいタイプのイヤホンですが、電車の中でも従来の有線タイプではなく、ワイヤレスのイヤホンやヘッドフォンを使っている人を多く見かけるようになってきました。

今回は私がオススメする「Earin」という完全独立型のワイヤレスイヤホンのメリットやデメリットなどを踏まえて、紹介します。

 

ワイヤレスイヤホンの種類

今では様々なタイプのワイヤレスイヤホンが売られていますが、大きく分けて下の5つに分類できます。 

 

左右一体型

ワイヤレスイヤホンの中で主流になりつつあるタイプ。ほとんどの製品にマイクやコントローラーが装備されていて、軽量のものが多い。 コストパフォーマンスに関してはNo.1

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Bluetoothワイヤレスイヤホン】TaoTronics TT-BH07 ブラック
価格:2726円(税込、送料別) (2017/2/20時点)


 

ネックバンド型

首の部分に緩やかに固定されるタイプのワイヤレスイヤホン。 首回りに固定できるので、スポーツなどでは使い勝手が良い。


 

ボックス型

イヤホンとBluetoothの受信機が分離しているタイプ。受信機(レシーバー)の電池がなくなってもイヤホン直差しで音楽が聴けますが、 他のタイプに比べ、断線の危険性が高いです。


 

ヘッドセット(片耳)型

片耳のみの通話などに特化したタイプのワイヤレスイヤホン。通話などには使えますが、音楽鑑賞には不向きです。


 

完全独立型

ケーブルが一切なく、耳に入れるだけの完全な"無線"で、今話題の最先端のワイヤレスイヤホン。実際につけてみると耳栓と区別できないほど快適。

 

この中で私がオススメするのは

 

完全独立型のワイヤレスイヤホンです。

 

私がワイヤレスイヤホンに替えた理由

通学でも家にいる時も、暇なときは大抵何かしらの音楽を聴いているのオーディオオタク?の私ですが、ワイヤレスイヤホンを買うまでは家の中ではほとんどスピーカーで音楽を聴いていました。

 

そうというのも、有線ケーブルが煩わしくて仕方なかったからです。

 

特に冬場でコートを着ている時に有線イヤホンで音楽を聴いていると、コードがぶつかってザラザラとしたノイズが走ることってありますよね?

 

あれが嫌で嫌で仕方なかったんですよ...

 

それにいちいちコートを脱いだりする時も、一度耳からイヤホンを外さないといけないのもめんどくさがりの私は不自由に感じていました。

 

そんな時、ちょうど愛用していたイヤホンが壊れてしまったので思い切ってワイヤレスイヤホンを買ってみました。

 

それが今私が愛用している、「Earin」という完全独立型のワイヤレスイヤホンです。


 

 

サイズ φ14.5mm x 20mm 
質量   3.5g
 再生時間  ステレオモード / 最大3時間、モノラルモード / 最大11時間
バッテリー   60mAh リチャージャブルリチウムイオン
 フル充電時間  70分
 ドライバー  バランスドアーマチュア

 

こちらの写真を見ればわかるのですが、

f:id:kotonoha1992:20170220183448p:plain

この「Earin」というワイヤレスイヤホンは見た目は耳栓と見分けがつかないほど小さいつくりとなっています。

実際に友達になんで耳栓つけてるの?と言われたことがあります (笑)

 本体を充電する時はこのようにキャリングキャプセルを開けて、中に入れれば充電が始まります。充電中は赤い光が付いています。

f:id:kotonoha1992:20170220184009p:plain

上の表にも書いてありますが、バッテリーは最大3時間連続で持ちますので、通勤や通学の時には問題なく音楽を楽しめると思います。

また、バッテリー機能を備えたキャリングカプセルに入れておけば、勝手に充電してくれます。このカプセルはUSBケーブルをつないで、75分でフル充電となります。

 キャプセルも充電中はこのように赤く光り、充電が終わると黄緑っぽい色に変わります。

f:id:kotonoha1992:20170220183609j:plain

実際に使ってみての実感ですが、本体のイヤホンの充電がなくなってもフル充電のカプセルがあれば、フル充電されるので仮に会社や学校までの通学でバッテリーが切れても帰りにはまた音楽を楽しめます。

 

また、「Earin」にはボタン操作機能がないので、カプセルから取り出した時点で自動でペアリングしてくれるので便利です。

 

f:id:kotonoha1992:20170220190559p:plain

さらにiPhone/Android両機種に対応した「Earin」専用のアプリをダウンロードすればバッテリーの残量を確認したり、左右の音量を調整したりすることができます。もちろん無料でダウンロードできますので、安心してください。

f:id:kotonoha1992:20170220183735p:plain

 

実際に使用してみて感じたメリット&デメリット

メリット:

1,コードがないので開放感がハンパない! 

イヤホンで音楽を聴きながら何か作業をしていて、体を伸ばした時にコードが絡まってイヤホンが外れる、なんてつまらないことでイライラする必要もありませんし、ジョギングやウォーキングなどにも快適です!

 

2,音質がなかなか優れている!

ワイヤレスイヤホンというと、音質が有線イヤホンと比べると悪い、という噂を耳にしたことがあると思います。実際それは正しいです。実は「Earin」を買う前に一度、他の安い完全独立タイプではない、3000円くらいのネックバンド型のイヤホンをアマゾンで購入したことがあります。

正直言って、お金の無駄だったな、と思わされる商品でした。

なぜなら、中途半端にコードが残っているので有線タイプとあまり変わらないし、さらに音質も非常に悪かったです。感覚的には1000円くらいの安い有線イヤホンと同じくらいに感じました。

こうした理由から、私は上にあげたネックバンド型やボックス型のワイヤレスイヤホンはお勧めしません。

価格は高いですが、相応の価値は絶対にあると断言できます!

 

デメリット

1、時々音が途切れる

完全独立型のイヤホンはまだ種類が少なく、私が知っている限りでは「Earin」を含めて3種類しかないと思います。

なのでまだまだ改善段階の商品です。

特に気にならない程度なのですが、たまに片方の(特に右)のイヤホンの音が遠くなったりすることがあります。

ですがいきなり、ブツッと途切れるわけではなく音が遠くなるイメージだと思ってください。耳障りな音ではありません。

 

2,満員電車で耳から外れるとやばい...

まずありえないことなのですが、もしも満員電車の中で耳から外れて落としてしまった時は回収はほぼ不可能だと思ってください。蹴飛ばされてホームに落ちるか、踏み潰されるかのどちらかです。

ですが、私は一度も耳に入れていて外れたことはありませんし(落ちにくい設計となっている)、付属品でスタビライザーも付いているので安心です。

 

 

日本では2015年末に発売された「Earin」。当時の値段は3万円近くしたと記憶しているのですが、今は26,000円で売られているので、4000円ほど値下がりしたようですね。

色もシルバーとブラックから選べるようです。(最初はシルバーしかなかったと思います。)


 

もしも今ワイヤレスイヤホンに移行したいと思っている方、iPhone7に機種変しようかとお悩みに方は是非試してみてください!

広告を非表示にする